• 【ワークハピネス 】吉村 慎吾

若者はリトマス試験紙?

最終更新: 2020年12月10日

私の親友で大手金融機関の労働組合の委員長を長く務めていた彼からの話。毎年、何百という支店を訪ねて現場の本音を酒など呑みながら引き出し、組織の問題点とその解決策を経営に提言するのが仕事。


彼曰く、

「ドアを開けて中に入った瞬間で、その支店や部署がうまくいってるかどうかが分かる。」


ポイントは若手の表情だとか。建物の歪みはその構造物の一番弱い部分に出る様に、その組織の歪みは構造的に1番弱い若手にかかると。だから若者が活きいきとしているか、辛そうか。彼らの表情を見ればその組織の状態が秒でわかるのだそうです。


業績へのプレッシャーがかかる場面、ベテランたちは仕事のスキルも経験も豊富なので、要点を押さえて適当に手を抜きつつ要領良く課題をこなします。また、無謀に高い目標だった時には面従腹背、頑張っている素振りを見せて、実のところ適当に受け流して自分を守ります。

一方、業務スキルも低く経験も浅い若者はこの高い業績目標のプレッシャーをもろに受け止めてしまいます。

頑張れど頑張れど見えないゴール。この状態が永遠に続くと思いこみ、長時間労働と過度なストレスからメンタルを病んでしまいます。


「若い時の苦労は買ってでもしろ!」とか、

「空けない夜はない。頑張ろう!」とかのアドバイスは一部の若者には有効かもしれませんが、苦しみのど真ん中にいる若者には全く響きません。

小学校のクラスでいじめられている子供に対して、親が

「世界は広いのよ。小学校のクラスが世界の全てじゃないのよ!」とか、

「この状態が永遠に続くわけじゃないんだから頑張りなさい!」なんてアドバイスをしている様なものです。

全く子供の救いにはなりません。

苦しんでいる若者を救う唯一の手段は、上司や先輩たちが協力して、実際の業務負荷を下げてあげるだけです。


テレワークになった今、ドアを開けて一発で組織の状況を見抜くのは不可能です。

大切なのは若者との対話の時間です。

ライン長ではない大人がひたすら若者の本音を引き出して聴く。

若者からありのままの気分と現場の状況を聴くと、その組織のマネジメントがうまくいっているのか?戦略に無理がないか?業務のプロセスが陳腐化していないか?

チームが前進するための障害が赤裸々となります。


若者が苦しむという事は、事業構造のどこかに無理があるのです。


無理は続きません。


若者の声に真摯に耳を傾け、業務の抜本的な改革を目指しましょう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★メールマガジン「突然ですが、オフィス捨てちゃいました」★を毎週お届けします!

メールマガジンはじめました。月曜日にまとめて先週のブログ記事をお届けできます。1週間の内容をまとめて見返せますので、とても便利です。ご登録はこちら!→ https://bit.ly/3dkYGSZ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


■サービスページ

確実な変化のためのサポートができるサービスをご用意いたします。



■セミナーページ

最新のトレンドや事例を踏まえたセミナーを行っております。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ワークハピネスでは、テレワーク時代の人材育成や組織開発の支援をしています。様々なプログラムがございますので、お気軽にお問い合わせください


お問い合わせはこちら!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

38回の閲覧0件のコメント
背景なし_ロゴ&英語2段.png

Copyright © Work Happiness, Inc. All Right Reserved.