• 【ワークハピネス 】吉村 慎吾

ストーリーで売る時代

AIやロボットに仕事を奪われる未来で重要なのはストーリーです。未来の製品やサービスは2極化します。お寿司屋さんなら、客単価3万円以上の白木のカウンターのお寿司屋か完全自動化された客単価3千円以下の回転寿司に2極化しか生き残れません。


なぜ、人は客単価3万円のお寿司を食べるのか?そこにはストーリーがあるからです。


ストーリーが人の心を動かす


「今日のマグロは今年初めての大間のマグロです」「1週間、熟成させているんで旨味が増してますよ」という説明とセットで、鋭く輝く刀のような包丁で綺麗にマグロを切りつける。鮮やかな手捌きでシャリを握っって、仕上げに”煮切り”のタレを刷毛で塗ってから目の前に差し出す。


ピンクに光る大間のマグロの握り。よだれが出てきます。


「大将はどこで修行したの?」

「はい、私は銀座の○○で18年修行して、3年前にこの店を出しました」なんて、会話もセットでますます気分が盛り上がり美味しさも倍増。


食材の産地、調理法、面前での手技、職人の経歴といった様々なストーリーと共に、白木のパリッと清潔なカウンターで味わう鮨。


食事というよりも劇場。ストーリーとともに味わうエンターテイメントです。


薄型テレビの値段がこの十数年で10分の1になりました。AI&ロボット化が進むと工業製品の値段はますます下落しています。そんな時代に値段が年々高くなっていく工業製品があります。ご存知ですか?


それはワインです。


フランスのボルドーやブルゴーニュのワインの製造工程は世界中の工場のロボット化や無人化を嘲笑うかのように、今も数百年前と変わらない完全手作業。ぶどうの剪定作業や収穫も全て人海戦術。そこに機械はありません。雨が少ない年に水を撒くこともありません。


品質を安定させる気がそもそもないのです。日照りの年、長雨の年、その年の天候は様々ですが、ワインはその年の天候をしっかり表現するべきものなのです。これがボルドーやブルゴーニュといった高級ワインの産地が世界に約束しているストーリーです。


このブランドストーリーを守るための細かい法律があります。ブルゴーニュのグラン・クリュ(特級)を名乗りたかったら機械化も灌漑も許されないのです。時代に逆行するように機械化を廃することで数百年続くブランドストーリーが守られ、1本数万円の値段が許容されます。


金余りの現代、世界の投資マネーがブランド価値の高いボルドーやブルゴーニュのワインに流れ込んで値段が年々高騰しています。


ところで、世界で一番高いワインをご存知ですか?


”ロマネ・コンティ”といいます。


”ロマネ・コンティ”はそのあまりの美味しさと評判の高さから太陽王ルイ14世が愛飲していました。そして、ルイ15世の愛人だったポンパドール夫人との争奪戦の末にコンティ公の所有となったのが現在の名前の由来です。


”ロマネ・コンティ”を飲むとはあの「太陽王ルイ14世の愛飲したワイン」というストーリーをセットで味わっているのです。私は飲んだことがありませんが、大量のストーリーを知っているが故に、飲んだらさぞ感動するであろう事は想像に難くありません。


一方で、オーストラリアやチリのワインは何でもありです。灌漑はもちろん、工業製品として品質を安定させるために補糖も補酸もします。これによって毎年同じ味のワインが楽しめるのですが、値段は1本数千円です。そこには大金を払っても飲んでみたいと思わせるストーリーがありません。


高級寿司も高級ワインも楽しんでいるのは、ストーリーという感動体験なのです。


無味乾燥な工業製品はAI&ロボットの独壇場となるでしょう。我々人間の仕事は、ストーリーという感動体験を創造することです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メールマガジン「突然ですが、オフィス捨てちゃいました」★を毎週お届けします!

メールマガジンはじめました。月曜日にまとめて先週のブログ記事をお届けできます。1週間の内容をまとめて見返せますので、とても便利です。ご登録はこちら!→

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


■リモート時代におけるマネジメントの新常識、テレワーク・マネジメント研修

 チームを活かすマネージャーを育成し、チームの生産性を向上します



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ワークハピネスでは、テレワーク時代の人材育成や組織開発の支援をしています。様々なプログラムがございますので、お気軽にお問い合わせください


お問い合わせはこちら!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

36回の閲覧0件のコメント
背景なし_ロゴ&英語2段.png

Copyright © Work Happiness, Inc. All Right Reserved.