• 【ワークハピネス 】吉村 慎吾

With コロナで巨大業務消滅。創造的な仕事しか残らない。

最終更新: 2020年7月27日

緊急事態宣言の解除の動きが進み始めていますが、コロナ騒動はまだまだ終息の兆しが見えません。


先日、※ブログ記事でもお話した通り、感染症面で終息しても、社会的に受容(社会がコロナウイルスを季節性インフルエンザと同じレベルで受け入れる)されるまで、三密回避は続きます。その三密回避が続くことで社会はどうなっていくかお伝えしたいと思います。


(※ブログ記事「新型コロナ騒動はいつ終わるのか?感染症完全収束の3つのシナリオ」)

ーーーーーーーーーー

5回連続 経営者オンラインLIVEセミナー 開催中【無料】今からの時代に必要な変革と具体的な手法をお伝えいたします

ーーーーーーーーーー

withコロナでオペレーション業務が消滅?

三密回避が続くと、リモート処理が社会常識となります。10万円の給付金、休業保証金等を受け取るための行政手続き、金融機関での各種手続き等、「PCやスマホで完結するべき!」という国民の声が高まっています。


それに対して、政府や金融機関も急いで対応しています。実際、オンライン上で申請が可能になりました。こういう出来事の繰り返しで、国民のITスキルは向上します。デジタルを使って、事務処理をスムーズに進めていくことに対して、国民のデジタル化への欲求は高まり、スマホに対応できない企業は淘汰されていくのです。


その「国民全体のITスキルアップ」という流れは、私たちの仕事にも影響を与えます。トークレス&ペーパーレスが常識となり、オペレーション業務の※RPA化も進みます。その結果、コールセンターのオペレーターやドキュメント処理オペレーターは不要となります。現在、銀行では正社員が契約書のチェックを行っていますが、RPA化は一気に進むでしょう。

※RPA(Robotic Process Automation=ロボットを利用して業務の自動化や効率を図る仕組み)


さらに、三密回避&長期不況により、戦略転換を求められる会社が増えます。顧客ターゲットのチェンジでは、給食や社食の提供会社が一般家庭の主婦を対象としたto Cに、製品・サービスのチェンジでは、オフィス家具の会社がホーム用家具へ進出するかもしれません。


また、販売チャネルのチェンジでは、百貨店経由からECでダイレクトに販売経路を変えたり、サプライチェーンのチェンジでは、中国中心だった生産拠点を国内回帰や東南アジアに変えたりする会社の増加が予想されます。


つまり、正社員テレワーカーの仕事は、ネットでググっても答えが出てこない「創造的な仕事」が主流となります。


いまこそ、私たちは従業員の創造性を解き放つことが求められています。だから、PC遠隔管理ツールなどを導入するのは絶対ダメですよー!(詳しくはブログ記事「テレワークで退化していく会社」読んでください)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ワークハピネスでは、テレワーク時代の人材育成や組織開発の支援をしています。従業員の創造性を解き放つオンライントレーニングなど、お気軽にお問い合わせください


お問い合わせはこちら!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■テレワーク・マネジメントの新常識〜チーム崩壊を防ぎ、高い生産性をあげる7つの秘訣

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

皆様の応援が励みになります。 是非ブログトップページから「❤️ボタン」のクリックをお願いします!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


■テレワークハピネスBLOG「突然ですがオフィス捨てちゃいました」




90回の閲覧0件のコメント
背景なし_ロゴ&英語2段.png

Copyright © Work Happiness, Inc. All Right Reserved.