• 【ワークハピネス 】吉村 慎吾

新ビジネスの生み出し方

withコロナによって様々なビジネスが打撃を受けています

ところが、変化はチャンス。実は新たなビジネスが生まれる可能性に溢れているのです。

今日は新たなビジネスを生み出すセオリーをお伝えいたします。

新ビジネスを生み出す手順は以下の2ステップです。

1 良質な課題を発見する

2 収益化する解決策(ビジネスモデル)を発見する


必ずこの順番です。解決策(ビジネスモデル)が先行することはありません。

前職で2000年に人材派遣業を起業した時、人材派遣業のビジネスモデルは「依頼を受けてから、派遣する人材を手配する」でした。

派遣業の門外漢である私が発見したこの業界の課題は、「緊急で大量に依頼されても人を確保できない」ということでした。

そこで考えたのが、「先に人材の予定を確保しておく」というビジネスモデル。具体的には、当時多くの人が使っていた携帯電話の”iモード”に登録者個々人のスケジュール帳を開設して、働ける日を事前申告してもらいました。

あらかじめ確保できる人材の見込みをもったうえで、人材派遣の依頼を受けることで、緊急で大量な人材派遣の依頼にも対応できるようになりました。このビジネスモデルによって設立から6年で上場する事ができました。

”iモード”の普及という若者のライフスタイルの変化がもたらした新たなビジネスモデルです。


良質な課題を発見しても、収益化する解決策(ビジネスモデル)が見つからない場合も多いのです。

そこに必要なのは知恵と工夫です。

秀逸な事例を紹介しましょう。

フローレンスというNPOは病児保育という良質な課題を知恵と工夫で解決しました。突発的な子供の病気で会社を不定期に休むことで解雇される事例も多く、子育て中の親にとって突発的な子供の病気への対処は深刻な問題でした。

フローレンスはこの問題を訪問型病児保育、しかも月会費(5,100円〜)による共済型という万が一の掛け捨て保険のようなビジネスモデルで解決しました。

「良質な課題」と「収益化する解決策(ビジネスモデル)」の素晴らしいコンビネーションです。


「地球温暖化問題」は大きな課題ですが二つの理由で「良質な課題」ではありません。

・スタートアップで取り組むには大きすぎる

・すでに取り組んでいるチームが多い


「良質な課題」とは、気づいている人が少ない身近な課題です。

「良質な課題」を発見したら、「収益化する解決策(ビジネスモデル)」の発見は、知恵と工夫と根性です。

世界初のビジネスモデルに取り組んでいるのだから、調査しても答えは出ません。多大な計画時間は無駄です。簡単なモデルを作って即時に顧客に提供する。

そして、顧客の反応から学んでモデルを修正する。このサイクルを高速で回して収益化するモデルへと成長させていくのです。


Withコロナ、三密回避、リモート&非接触社会。

「良質な課題」を発見するチャンスに溢れています。

あなたが今、見て、聞いて、感じている問題が「良質な課題」である可能性があります。


五感を研ぎ澄まし、既成概念を取り払い、チャンスを掴みましょう。

31回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
背景なし_ロゴ&英語2段.png

Copyright © Work Happiness, Inc. All Right Reserved.