• 【ワークハピネス 】吉村 慎吾

コーチングの効果

日本でも一般的になってきたコーチング。様々な流派がありますが、私の定義は「対話によってクライアントの無限の可能性を引き出す技術」です。

人は課題を抱えている時、意識で思考して解決策を探ります。ところがこの意識、一度に一つのことしか考えられないという特徴を持っています。

足し算しながら、同時に「今日の晩飯?」のことを考えるのは無理ですよね。

これを脳の「焦点化の原則」といいます。

人間の脳は莫大な情報を持っているのに、この「焦点化の原則」のために意識は偏った思考に囚われがちなのです。

コーチがクライアントに提供するサービスは、対話によってクライアントの意識の焦点を様々に移動させて、クライアントが持っている無限の可能性を引き出すことです。

コーチが質問することで、クライアントの意識の焦点が移動します。するとクライアントは思いもしなかった自分の潜在的な望みや可能性に気づくのです。

喩えていうなら、巨大迷路の入り口で途方に暮れているクライアントをヘリコプターに乗せて上空に連れて行くのがコーチの仕事です。

「今晩、何が食べたいですか?」と質問されて、

自分の大好物を『寿司』と思っている人は「お寿司が食べたいです!」と即答します。

ここでコーチが「他にはいかがですか?」と質問することでクライアントの無限の可能性の探索が始まります。

脳は質問されると混乱します。この混乱を鎮めるために意識はさまざまに思いをめぐらし過去の体験や知識の探索を始めます。すると「焼肉!」と言う答えが出てきたりします。ここでコーチが視点を変えて


「仮に、今日が人生最後の日だとしたら今晩何を食べたいですか?」と質問すると、、


「白いご飯と沢庵」


というようなクライアントが全く予想していなかった答えが出たりします。


これは晩飯という簡単な事例ですが、仕事において行き詰まっている状態を打開する場合も、このアプローチが有効なのです。


意識は焦点化しますから、仕事に関して悩んでいる人も、1つのやり方に固執して苦しんでいる可能性が高いのです。コーチに質問されることによってこの困難からの脱出口が発見されます。

「仮にあなたが社長だったらこの状態をどうやって切り抜けますか?」


コーチからこんな質問を投げかけられると、自分が思いもしなかった斬新なアイデアが出てくるのが普通です。


ビジネスで力強く前進を続けている人はセルフコーチングが上手です。意識的に物事を眺める視点を変化させる習慣を持っています。

ところが、そんなビジネスで成功しているエクゼクティブであっても、欧米では多くの人がプライベートでコーチを雇っています。自分で行う視点のチェンジには限界があることを知っているからです。

コーチからの思わぬ視点付与によって、自分の可能性を開花させる潜在的な欲求や可能性に気付いたりします。


コロナ禍。テレワーク。環境の変化で閉塞感を感じている方も多いと思います。

コーチングを体験してみること、オススメです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★メールマガジン「突然ですが、オフィス捨てちゃいました」★を毎週お届けします!

メールマガジンはじめました。月曜日にまとめて先週のブログ記事をお届けできます。1週間の内容をまとめて見返せますので、とても便利です。ご登録はこちら!→ https://bit.ly/3dkYGSZ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


■サービスページ

確実な変化のためのサポートができるサービスをご用意いたします。




■セミナーページ

最新のトレンドや事例を踏まえたセミナーを行っております。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ワークハピネスでは、テレワーク時代の人材育成や組織開発の支援をしています。様々なプログラムがございますので、お気軽にお問い合わせください


お問い合わせはこちら!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示