• 【ワークハピネス 】吉村 慎吾

テレワークで退化していく会社

最終更新: 2020年7月27日

テレワークが始まり、「部下がさぼってないか?心配」という声がちらほら。

そんな会社は社員のPCでの作業時間を遠隔監視するツールを導入しているとか。経営学の世界で有名なマグレガーXY理論をご存知ですか?


ーーーーーーーーーー

■5回連続 経営者オンラインLIVEセミナー 開催中

今からの時代に必要な変革と具体的な手法を5回に渡ってお伝えを致します。【無料】

ーーーーーーーーーー

X理論とY理論の特徴

簡単に説明すると、X理論「性悪説」で、「人は怠惰な生き物」という考えがベースです。そのため、人事方針「サボれない仕組みを作ることが重要」とみます。


具体的な施策として、監視カメラ(ある回転寿司チェーン)や、PC遠隔監視ツールを使います。(テレワークで増加中?)

その反対がY理論「性善説」にもとづいています。「物理的・精神的安全性が満たされたら人は貢献、挑戦、創造に向かう」と考えます。人事方針「従業員を信頼して任せる」です。具体的な施策は「時間、行動管理無し」です。

マグレガーによれば、どっちが優れているという話ではありません。適した環境があるだけです。

発展途上国で貧困層が多い社会環境や、時間生産性で測れる作業にはX理論が適しています

先進国で、時間で測れない創造的な仕事が中心の仕事内容にはY理論が適しているなるわけです。

人間がロボットに勝てる仕事とは

中国企業を見ていると、昔はX理論的な人事が多かったですが、最近は多くの会社がY理論に移行したように見えます。ホワイトカラーの仕事でさえAIとロボットが奪っていく時代、


人間に残される仕事は新製品や新サービスの企画や業務プロセスの改善等、いずれにしても創造的思考を必要とする仕事だけです。さらに、コロナ禍により、私たちは今から前例のない未踏の原野を進むことになるのです。

創造的思考時間管理は相性が悪いです。アイデアはいつ浮かぶのか?それは散歩中だったり、週末にお風呂に入っている時だったりします。信頼されれば人間はその信頼に応えたい!信頼されている仲間に貢献したい!と思います。


寝ても覚めても課題を突破するアイデアを考え続け、寝てる最中に海馬が雑多な情報を整理し、夢の中で答えが出たりします。TVをぼーとして見ていて、ふとしたシーンから突然アイデアが降ってくることも。

PC遠隔監視ツールを導入している企業は、環境への適応という観点で完全に間違っています。自ら進んで退化の道を選んでいるのです。テレワークを成功に導く最も重要なポイントは人間の本質を信じること

物理的・精神的安全性が満たされたら、人は貢献、挑戦、創造に向かうのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ワークハピネスでは、テレワークを支援するプログラムがございます。詳しくは下記をご覧ください

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■テレワーク・マネジメントの新常識

〜チーム崩壊を防ぎ、高い生産性をあげる7つの秘訣〜


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

皆様の応援が励みになります。 是非ブログトップページから「❤️ボタン」のクリックをお願いします!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


■テレワークハピネスBLOG「突然ですがオフィス捨てちゃいました」




111回の閲覧0件のコメント
背景なし_ロゴ&英語2段.png

Copyright © Work Happiness, Inc. All Right Reserved.